FC2ブログ
無料で稼ぐアフィリエイト へようこそ
 本日はご訪問ありがとうございます。
 当ブログは、管理者がアフィリエイトのみで
 7桁の収入までの記録を鮮明な記事を書いているブログです。
 アフィリエイター必見の情報も掲載していくので是非ご覧下さい(‐▽‐)


 アフィリエイトをこれから始めようと思っている方向けに記事を書いていこうと思います。

 ・アフィリエイトの心構え
 ・フリーアドレスゲット
 ・ネットバンク
 ・サーバ登録
 ・ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)登録
 ・個人アフィリの選抜
 ・メルマガ発行(お休み中※バックナンバーは読み返せます!)
 ・確実に稼ぐ方法とは
 ・無料ツール
 ・税金対策


 当ブログは無料情報提供の為、皆さんの1クリックが支えです。
 訪問しましたら、1クリック宜しくお願い致します
 にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ  人気ブログランキングへ  

 こちらからアフィリエイトが出来ます。
 A8.net  アフィリエイトB  リンクシェア  サブライムストア

スポンサー

無料で稼ぐアフィリエイト ソーシャルメディアを使う

今回は、ソーシャルメディアについてです。

一昔前までは、サイト数も少なく

SEO対策が非常に有効でしたが、現在はメディアを活かした

広告も非常に有効と言えるでしょう。


ソーシャルメディアの中でも

Twitter

Facebook

こちらは、ホームページと

連動しておきたいソーシャルメディアです。


ソーシャルメディアを使う事で、広告の必要もなくなりますし

事実上、リンクが増える事になります。


しかし、ソーシャルメディアとホームページを

連動させる際には、いくつかの注意が必要になります。


まずは、ホームページが重くなる原因になると言う事です。

ユーザにとって、ホームページが重たい事は

ホームページにとって、非常に致命傷になります。

最悪の場合、ページが表示される前に

ユーザは、他のホームページ行ってしまう事もあります。



また、人気が無い場合には、

それだけで評価されてしまう可能性がある部分です。

私も、サイトを見ると目が止まりますが

『いいね』『ツイート』など評価を気にする方も居るので、

最初の内は、我慢が必要になる事です。


ソーシャルメディアは、諸刃の剣みたいなものなので

ホームページの軽さを重視する場合に限り

ソーシャルメディアは使わない方が良いでしょう。



オススメ運用として、無料サーバなら、

TwitterとFacebookからはリンクを貼れるので

ソーシャルメディアと連動を控えておいた方がいいでしょう。



今回の記事でより多くの方に利益がありますように☆

長文読んでいただき、感謝します。

アフィリエイトの基礎はこちらから
無料で稼ぐアフィリエイト下準備
無料で稼ぐアフィリエイト中級編

※携帯からは画像表示出来ないものがあるので
ご了承下さい。

私の自己紹介です。

当ブログは無料情報提供の為、皆さんの1クリックが支えです。
今後も続けて行く為、1クリックご協力をお願い致します。
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ 人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

masaさん、こんばんは。
たけと申します。

確かにブログに「いいね」が多いと
目につきますよね~

連動する方法もあるのですか…
知りませんでした(-_-;)

私はブログ更新したのを
たまにタイムラインに書く程度ですね。

また訪問させていただきます。
応援していきますね^^

No title

こんばんは。イノチャンティです。

何よりもSNSは交流に特化しているので
使い方は気を付けるべきですね。
僕は…超自由に遊びで使ってますけど。笑

応援ポチしていきます。
また遊びに来ますね!

Re: No title

>たけさん

応援ならびに、閲覧ありがとうございました。

やはり、『いいね』『ツイート』が多いと目に付きますよね。

お互いに頑張っていきましょうね。

Re: No title

>イノチャンティさん

私もSNSに関しては、遊びが多いように思いますw

情報収集も出来るのが、良い所ですからね。

応援も有難う御座いました。


レンタルサーバ
☆超オススメ☆


アクセスアップ
プロフィール

masa

Author:masa
日々勉強しながら、月給7桁の
スーパーアフィリエイターを
目指し、奮闘している
どこでも居そうな凡人です。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
お問い合わせはこちらから

相互リンク、ブロとも、
些細な事でも構いませんので
気になる事があればメール頂ければと思います。


名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサードリンク